アサナカ

 

f:id:tajimanarumiblog:20171119204850j:plain

アサナカに参加しました❣️

 

アサナカとは、

中野で

毎月第2土曜日に行われている

朝会です。

 

参加者は、

中野区民、

中野が好きな人、

中野を良くしたい人、

中野で楽しみたい人…etc.

 

お茶を飲みながら、

中野で行われるイベントの告知、

美味しいお店情報など

中野に関する様々な情報交換をする会です。

 

さらに、

毎回ゲストスピーカーを呼んで

プレゼンをするコーナーがあり、

そのゲストスピーカーとして

障害者雇用の現状について

お話させていただきました。

 

どんな方がいらっしゃるか

分からなかったので、

反応が心配だったのですが、

皆さん

とても興味を示して下さって

感激しました❣️

 

参加者の方が

連絡を取って下さって

お近くにお住いの

車椅子ユーザーさんも

途中から参加して下さいました。

 

ステキなご縁と元気をいただき、

感謝です❣️

 

 

 

 

祈り

f:id:tajimanarumiblog:20171108190958j:image

 

先日、視覚障害者の友人と話していて印象に残ったことがありました。

 

こんなことがあったそうです。

 

ある日、

初めて会った人から

 

「私は神を信じています。

あなたのために神に祈らせて下さい。

あなたの目が治って、見えるようになりますように。」

と言われたそうです。

 

それを聞いて、

視覚障害者の彼は喜べなかったそうです。

 

「この人は見えた方が良いと思っているんだな。

見えないのも悪いことではないのにな。」

 

何が正しくて、何が間違っているか。

何が良くて、何が悪いか。

 

人それぞれ、価値基準は異なります。

 

人は自分が正しいと思いがちですが、

決してそんなことはないということです。

 

セミナー

f:id:tajimanarumiblog:20171108161434j:image

 「障害者雇用義務化の背景と対応策を知る」

というお話を伺ってきました。

 

平成30年4月から精神障害者の雇用義務化が決定しています。

それに伴って、法定雇用率も2.2%に引き上げられます。

 

委員として法律を決める側の立場から、その背景についてのお話を伺うことができました。

 

企業側の戸惑いや負担がとても大きくなるため、支援機関との連携が重要だと仰っていました。

 

また、今後支援機関の実力が問われることになるとも仰っていました。

 

支援機関の質が上がることは、当事者にとって良いことです。

当事者に選ばれない支援機関は淘汰されていくということだと思います。

初出勤

f:id:tajimanarumiblog:20171102012717j:plain

初出勤に同行しました。

 

朝、最寄駅の改札口で待ち合わせをしました。

緊張した面持ちで、私を待っていてくれました。

 

昨夜は緊張のため、よく眠れなかったそうです。

 

歩きながら、緊張を少しでもほぐそうと話しかけました。

私が一緒にいるから安心して良いということ。

周りの人が就職を喜んでくれていること。

趣味のこと。

職場への期待。

緊張するのが当たり前だということ。

みんな緊張するものだということ。

 

新入社員のオリエンテーションが終わって、

「もう私がいなくても大丈夫?」

と伺うと

「大丈夫です。」

という返事だったのですが、

少し心配だったので

ご一緒にお昼休みを過ごし、

午後の実際の業務でも隣にいさせていただきました。

 

実際の業務になると

頑張りすぎが出て来ました。

 

私「一回深呼吸してみようか?」

Aさん「スーーー。ハーーー。」

Aさん「頑張りすぎたみたいです。」

私「そうだね。一人でもたまに深呼吸してみてね。」

私「頑張りすぎが一番良くないからね。」

 

無事に初出勤を終えることができました。

明日からは一人だけど、

頑張りすぎずに頑張ってくださいね!

 

講演会

f:id:tajimanarumiblog:20171101074132j:image

 

ジャーナリスト佐藤幹夫さんと考える

認知症 知的障害の裁き」

知らないでは済まされない!裁かれた罪にかくされた「事実」

に参加してきました。

 

障害とは何か?

深く考えさせられました。

 

「障害」は時代とともに変化する。

 

科学の進歩によっても変わる。

 

今、

「障害」と呼ばれているものが変わって

「障害」でなくなり、

いつの日か、

「障害」という言葉がなくなる日が来る

とおっしゃっていたことが

印象に残りました。

 

ブラインドレストラン

f:id:tajimanarumiblog:20171031084227j:image

友人の今泉さんが主催している

ブラインドレストランに参加しました。

 

暗い室内に入り、

受付をすると

アイマスクを渡されました。

 

アイマスクをすると

本当に暗闇で

何も見えません。

 

今泉さんの肘を

持たせていただいて

席まで誘導してもらいました。

 

まず、今泉さんの挨拶がありました。

今泉さんにとっては見えないことが

普通なのであまり困っていないそうです。

むしろ、それを楽しんでいるようです。

 

席につくだけで心配だった私にしてみると驚きです。

 

食事が始まると

 

レンゲをカニの足と間違えたり、

全部食べたと思ったら、

結構残っていたりと

とても面白い経験を

することができました。

 

障害者の特性や気持ちを理解することは難しいですが、

この様な取り組みで少しでも理解することができて良い経験となりました。

 

企業見学

f:id:tajimanarumiblog:20171006213545j:image

f:id:tajimanarumiblog:20171006213602j:image

f:id:tajimanarumiblog:20171006213638j:imagef:id:tajimanarumiblog:20171006213519j:image

 就労移行支援事業所ミライてらす

の利用者さんとご一緒に

企業見学をして来ました。

 

出発する前に、

まず予習です。

 

どんな製品を作っているのか?

工場の広さ

何人の人が働いているのか?

パンフレットを見て勉強しました。

 

興味が湧くと、

いろいろと質問も

湧き出してきました。

 

期待を胸に、

いざ出発です。

 

電車を乗り継いで

雪印メグミルク

海老名工場

に到着しました。

 

清潔で広い工場内を

詳しい説明付きで

見学させていただきました。

 

見学の後は、

お待ちかねの試食タイム❣️

お持ち帰り用のプレゼント

までいただいて、

みんな大満足でした。

 

皆さんにとっては

会社や職場、

働くということを

実感した

良い経験になったようです。